医療ソーシャルワーカーに相談しよう

親が入院や手術をすると、入院中のことやこれからの事で不安になったり、困ったことがでてくると思います。
そのような場合の時に、とても頼れる存在が医療ソーシャルワーカーです。いろいろと話を聞いてくれて、利用できる制度などをアドバイスしてくれます。医療ソーシャルワーカーの中には、社会福祉士などの資格を持つ人もいますので、患者が自立した生活を送れるように社会福祉の立場からアドバイスや情報提供をしてくれます。
ある程度の規模の病院であれば、病院内に医療相談室が設けられているところが多く、1名~数名の医療ソーシャルワーカーが常勤しています。もし、医療ソーシャルワーカーがいない病院ならば、病棟の看護師に相談するといいでしょう。

医療ソーシャルワーカーへの医療相談例

<入院・手術が必要と言われた>

・医療費の支払いや、今後の生活費など経済的に不安
・高額の医療費がかかったら払うことがでない。
・家や家族の事が気になる
・頼れる家族がいないため、入院生活が不安
・入院できない諸事情がある
・今度、どこまで社会復帰ができるのか

<退院後も慢性の病気を付き合っていかなければならない>

・将来の生活への不安
・利用できる制度が知りたい
・頻繁な通院、残業しないなどに対し、職場の理解が得られない
<退院後も障害が残るとわかった>
・自宅療養するのに、車椅子などの福祉用具はどのようにすれば
・家で暮らすために必要な改築と、その費用の助成制度を知りたい
・これからの仕事、生活が心配
・障害者制度について知りたい

<退院の予定がわかった>

・転院先の紹介をお願いしたい
・老人保健施設への入所について知りたい
・世話をしてくれる家族が近くにいないでので不安
・要介護になるが、介護保険について知りたい
・介護保険の手続きについて知りたい
・在宅での往診や訪問介護について知りたい

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ