セカンド・オピニオンを受けるには?

かつては、親の病気に対して主治医から診断や治療法、治療方針の説明を受けたとき、そのまま受け止めるケースが多かったですが、今は、他の医師の意見「セカンド・オピニオン」を聞いて、納得して治療や手術を受ける人が増えてきています。特に命に関わる重要な選択をしなければならない場合になるほどに、セカンド・オピニオンのニーズが高まります。
緊急手術をしなければならない場合には、他の医師の意見を聞いている時間がありませんが、これから入院をして治療を始める場合や、ゆっくりと進行する病気のタイプには、考える時間がありますので、セカンド・オピニオンは有効といえます。統計的にガン治療の場合に利用することが多いです。

セカンド・オピニオンを受けるには、主治医の許可を得ておくことが大事になります。主治医の了承を得れば、セカンド・オピニオンを受ける病院へ診察情報提供書(紹介状)を書いてくれますし、既に受けている検査結果も貸出してくれますので、検査時間や費用を軽減することができます。また、セカンド・オピニオンの結果、やはり元の主治医に治療をお願いする場合にも、円滑に進めることができます。
セカンド・オピニオン外来は、相談にあたるので、自由診療扱いになり、全額自己負担になります。基本料金は、「30分10,500円、追加30分ごと5,250円」などのように病院によって決められています。受診する際には、紹介状、検査データ・資料を求められることが一般的です。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ