入院準備はどうする?

入院時には、身元引受人や連帯保証人を記入する欄があります。自分が行けないときに、頼める人を予め考えておく必要があります。

救急車で運ばれて、そのまま入院したり、あるいは数日後に入院するように言われることもあります。入院するときには、指定されて時間までに、「入退院受付」へ行きます。その際に必要な書類を忘れずに持参しましょう。

入院時に提出が求められる書類

1.診察券
2.健康保険証(生活保護法などで入院する人はその証明書)
3.後期高齢者医療被保険者証
4.公費負担医療に関する受給者証など
5.労災による傷病は事業者の証明書
6.入院申込書
入院する本人の名前や住所、身元引受人や連帯保証人
7.入院指示書(外来でもらったもの)
8.印鑑(認印)
9.入院保証金(必要な場合)
10.その他

 

入院生活に必要なもの

※病院の売店で買えるものもあり。
1.前開きのパジャマ、ポケットのついた上着(ガウンやカーディガンなど)
2.下着、靴下
3.上履き(履きやすいもの)
4、洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、石鹸)
5.シャンプー、くし
6.電気かみそり(男性)
7.タオル、バスタオル
8.ティッシュペーパー、ウエットディッシュ
9.はし、フォーク、スプーン、湯呑、コップ、マグカップ
10.メモ帳、ペン
11.イヤホン、テレビカード
12.洗濯物を入れる紙袋(ビニール袋など)
13.その他、指示があったもの。
14.飲んでいる薬かお薬手帳(医師に渡す)
15.現金(小銭程度)
16.時計、耳栓、テレホンカード
17.その他(禁煙パイポなど)

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ